暑中稽古 寒稽古

新内協会理事長 鶴賀 若狭掾

梅雨明けしてから猛暑が日本列島を覆います。
昔は寒稽古、暑中稽古が在りましたようです。
エアコンの無い時分ですからさぞや身体に堪えた稽古であったと想像が付きますが、そういった厳しい稽古をしてこそ芸が身に付き優れた芸人に育っていきます。
緩やかにのんびりと適当にやるのは稽古ではなくただの遊びごと。素人の方も商売人も己に厳しく高い目標を持ち、師匠や先達の教えに随い稽古に励みたいとものです。
その中に芸の深遠さに触れる醍醐味や楽しみ面白みを見出すでしょう。
刹那的な世の中に長いスパンの取り組みは人生を豊かにします。
新内と長—いお付き合いをして下さい。猛暑厳寒の中でも。
そして八月のバカンスをお楽しみください。

Copyright © Tsuruga Wakasanojo, All Rights Reserved